道具は大事に!法人向けPCのメンテナンスについて

パソコンの選び方のコツ

まず、ビジネスパソコン、所謂法人向けのパソコンを選ぶ際に、最も重要な要点として2つあります。
一点目は、使用用途を考えること、二点目は、使用シーンを念頭に考えることが大切です。
使用用途とは、例としてビジネス文章を作成したり、クリエイティブな作業を行うこと等を指します。
また、使用シーンとは、外出先をメインに使用するのか、デスクトップパソコンとして利用するのかを指します。
この二点をおろそかにしてしまうと、オーバースペックのパソコンを選んでしまったり、逆にスペックが足りないパソコンを選んでしまい、仕事の生産性に支障をもたらしてしまう危険性があります。
また、そのうえで余裕があれば、最適なCPUや静音性光学ドライブなどにこだわってみてもいいかもしれませんね。

パソコンを長く利用していくには

パソコンの平均寿命は約5年程と言われています。また、パソコンに利用されているパーツの中で比較的に寿命が早いものとしてHDD(ハードディスクドライブ)があります。
このHDDという部品はとても重要で、HDD=パソコンの寿命ともいわれるほど繊細な部品です。
よって、パソコンを長持ちさせるにあたって、まずパソコンの設置場所や保管場所に気を付けたり、強い衝撃を与えないことがとても大切です。保管場所の選び方としては、ほこりがたまりやすい場所や、熱がたまりやすい場所等は避けた方がいいです。
また、デスクトップ上に散乱してしまったフォルダなどは整理整頓や削除をするよう心掛け、パソコンを使わない時間帯などは、スリープモードにしたりせず、定期的にシャットダウンを行うことも、パソコンを長持ちさせるにあたって非常に重要となります。